2008年03月23日

春の花を見て考えた...

昨秋作った寄せ植え2つ。
どちらもシクラメンがダメになってしまっていたところ...

ようやく植え替えできました。ホッ(-_-;)

庭16寄せ植え2種.jpg

シクラメン→ピンクのプリムラ(ブライダルベル)
7分咲きだとバラみたいで可愛い

しかし、よくみると、この寄せ植えたち、
ほぼ同じ時期にできたのに、
その後の発育がずいぶん違うと思いませんか?


奥はホームセンターで植えつけてもらったもの。

手前は町の寄せ植え講座で作ったもので、
苗も土も地元の生産者の方の自慢の品。
根もしっかり、葉っぱもフサフサ…
でも、花が少ないのがちょっと悲しい

びみょーに奥のほうが日当たりが悪いのか?
それともやっぱり化学肥料や促成栽培された苗のせいなのか…?

有機肥料で作られた野菜は味が濃くて美味しいとか言う話を
ふと思い出し、すると、それぞれの花の株が

 スーパーの野菜

   と

 地元の産直の野菜

に見えてきた。考えすぎかなぁ...


posted by 野うさぎ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。