2011年03月08日

バッジテスト

しばらく前に、ママのスキーのバッジを興味深そうに見ていたYOくん、
早速、ネットでSAJ(全日本スキー連盟)のJrバッジテストでもらえる
バッジの写真を見せて、

 お花みたいだね〜
 YOくんも、練習したらこんなんもらえるよ〜
 欲しくない?

 欲しい!

と、かな〜り誘導性の高い質問を(^^;


とりあえず、こういう会話の記憶のある今シーズンのうちにと思って、
昨日やっと受けてきました。


苗場で、

「緩斜面を連続ターンで降りてこれれば4級合格するよ!」

と聞いていたので、受ければ4〜6級のどれか
(※6歳未満は4級までしか受けられない)
はもらえるだろうと思っていたのだけど。。。

関西近郊ではSAJのスクールが少なく、
先月行った箱館山(プリンス系列だから一応SAJ)も、
Jrテストはやっておらず、先生の持っている情報も3年以上前のまま。。。
(去年から検定内容がガラッっと変わったことを知らずこちらが教えるほど)

でも、まぁ、どっか受けれれば...と思いながら、
スクールが未就学児不可だったり、日程が合わなかったりで
いろいろ探した末に...

6歳未満はスクールに入れないけど、検定はいつでも受けられる

という鷲ヶ岳に行ってみました。


当日は、子連れスキー先輩でYOくんの恩師(?)でもあるぱぱごんさんが
息子さん2人の受検のために来られていて、リフトでバッタリ。

2本ほどご一緒した後、1級と4級ではペースが合わず、
自然と分かれてそれぞれ練習モードに突入。

午前中の滑りはこんなの。



中斜面でも一応ちゃんとターンして降りてきています。



緩斜面、気ぃ抜きすぎて、手が後ろ。。。あせあせ(飛び散る汗)

あとは、前後に並んでストック持って、電車ごっこしたり。(←結構難しい)
キャ〜っ!と叫んだ場所を「キャー」と名づけたり(笑)
自分のおかれた状況の中、楽しい遊びを考えたりするのは、上手いなぁ...


で、午後から講習内検定。
4〜6級の受験者は1人だけで、マンツーマンレッスンとなったが、
最初はリフトの乗り降りの補助としてついていく...


講習中...



ちなみにストックはスクールで借りました。

「一応検定だからストックは要ります...」

て、そんなん初耳やわがく〜(落胆した顔)

YOくん、1年ぶり(去年ジャムでなくした)のストック、
滑っているときの扱いがよくわかっていませんあせあせ(飛び散る汗)

マンツーマンの短所は、甘えが出てしまうことなんだけど、
この日もぺたりと座り込んで起きてこない...など、
ぼ〜っと見過ごすわけにもいかず、注意していたら、

もうっ!ママ、いらないむかっ(怒り)

と言う。

先生も大丈夫と言うので、これ幸いと上のゲレンデへダッシュ(走り出すさま)

ゲレンデトップからの急斜面〜中斜面を上手く滑れるよう、何度も練習。
1時間ばかりたっぷり滑らせてもらいました。

上のリフトから別荘地が見える。そういえば...

---------------------------------------------------
昔、住宅会社の本社技術部にいたとき、
多雪雪の場合の屋根の特注設計依頼が名古屋の営業所からあって...(先輩に)

「積雪4m地域exclamation&questionなんやそれ〜?スキー場かっ?」

とみんなで騒いでいたら、本当にスキー場の横の別荘地だった...


というのが、ここだった。

ちなみに、提携のレンタカーが岐阜羽島駅になかったり、
羽島までだと"200km未満だから出張扱いにならない"と
総務から言われて、直談判むかっ(怒り)しに行ったり...

いろいろイレギュラーだったのでなぜか記憶に残っている。
---------------------------------------------------

なんやかんやで2時半過ぎ。

時間には少し早いけれど、集合場所の近くに行くと...

リフト乗り場の少し上で、YOくんが寝転んでる(笑)

先生がツンツンストックでつついても全く起きない様子なので、
救出にダッシュ(走り出すさま)休憩を入れずに滑っていたので、疲れちゃったらしい。
未就学児や低学年だと、体力にや慣れによっては
間に少し休憩を挟むほうがいいんだけど。。。
休憩に使えそうな場所もないし、混んでて無理なことが多いから
ここのスクールではそういう対応は織り込まれてないんだろう。

ちょっと早いけど、大変そうなので切り上げてもらうことにした。

スクール前で結果発表。

無事4級合格!よかったね。

バッジ取得.JPG

YOくん、先生に抱っこしてもらったりして、大興奮!
こないだの、スイミングのワッペンとはえらいテンションが違う...あせあせ(飛び散る汗)


しばらく休憩して、またゲレンデへ。
どうせ早く出ても渋滞してそうだから、ギリギリまで滑るつもり。
朝5:00〜やってるゲレンデなので、3時過ぎると人もまばらになってきた。



中斜面。別人のように速くなっていてビックリ!
レッスンの効果をここまで実感できたのは、去年の八方以来かも。(友人レッスン除く)



緩斜面。速すぎて、前に出ようとしても出られず、ひたすら追いかけるダッシュ(走り出すさま)

まだまだスタンスが後傾だったり、手が後ろだったりするものの、
減速するときは、ハの字を大きく開いたり、
座ってるボーダーさんをターンしてよけたりできる。

が、スピード出しすぎと言われ、ちょっと悩む。。。
技術レベルより速過ぎってことなのかなぁ。。。(-_-?)

緩斜面ではスピードUPにあわせて板がパラレルになりつつあるから
そろそろ外足を前に出して走らせることを教えたい。
だけど、YOくんが理解できるか、どうか。かなりビミョ〜(-_-;)

そういう点では、最近SAJではあまり教えなくなったという
シュテムターンのほうが、はるかに教えやすい。
もっと上手になって、来年は3級受けれると、いいけどなぁ。。。
これぞまさに、

「這えば立て、立てば歩けの親心」


まぁでも、上手く、速く滑るだけじゃなくて、
周りの自然や景色を楽しみながらゆっくり滑るのもいいし、
ポールやウェーブやジャンプ台なんかで遊ぶのも楽しいるんるん

スキーやスノボを上手くなるっていうのは、
できることや滑れる斜面が増える=楽しいるんるん瞬間が増える!
ってことなんだと思うしなぁ。。。


ともあれ、翌日、

昨日は楽しかったね!また行こうね!

と、言ってくれたので、めでたし、めでたし。
posted by 野うさぎ at 03:36| Comment(8) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
四級合格おめでとう。
受験資格(年齢)さえ得られれば三級・二級はトントン行くと思います。
ゲレンデで会った時に今こんな練習してるって言ってたのは、ボーゲンやり始めの時に『ひこうき〜』ってやってたのと全く同じ。
それをストック持って足をそろえてやるだけです。
フラット作ったり両足が同調させられたり、って動きが自然にできて、簡単にパラレル出来るようになるからぜひ取り入れて。
足を前に出すなんてのはもっと先の話です。
かつごんにもまだやらせてません。
シュテムは癖になるから一気にパラレルに持って行った方が良いと思います。
手ぇひこうきーで緩斜面で1ターンずつ仕上げていけばスピード上がる前に止まれるし丸い弧を描けるようにもなるし。
YO君頑張れ!!
Posted by ぱぱごん at 2011年03月08日 07:55
合格おめでとうございます!!!!!!
最高の笑顔ですね^^

すごい上達ですね(@@;)

次に会う時がすごく楽しみです〜☆
Posted by ちび。 at 2011年03月08日 09:53
おめでとうございます。
すごいですね。
我が子は近々スキーデビューさせます。
楽しんでくれるといいですが。。。
Posted by あさこ at 2011年03月08日 11:58
足跡をありがとうございました

4級合格おめでとうございます
未就学児で大した物です(^^)v

今後を考えるなら…
ビデオに映っている斜面はキツすぎます
板の真ん中に立って安心して滑れるような緩い斜面で真ん中に乗る事、真っ直ぐに立つ事を覚えさせたらいかがかと思います
そこでスピードが足りないと感じるようになったら「ストックで漕ぐ」「スケーティングする」など板の抵抗を最小限にして効率良く進む事を覚えさせると良いでしょう
ポジションも良くなると思います

スピードはボーゲンで滑るところを超えています
プルークでの制動はとても小さく力が必要なモノです

うちの子にはボーゲンは教えていません
3歳からパラレルスタンスのみ
遊びで「股潜り」などをする時にはちょっと開いていたようですが、教えて開かせた事はありません
それでも勝手に覚えてしまうようです(^_^;

緩斜面をしゃがみながら滑るとか背伸びしながら滑るのも身体の使い方を覚えるのに良さそうです

…と言いたい放題失礼ε=ε=ε=ε=┏(; ̄▽ ̄)┛
Posted by 一止 at 2011年03月08日 21:22
Yo君、イケメンですね。眉毛がりりしい!子供の成長はすごいですね。
Posted by タッチャン at 2011年03月08日 22:17
子供の上達って早いですよね。
YO君の動画を拝見した去年よりもはるかに上達です。楽しみですね。

我が家の美幸も大上達、可能なら来年は一般の中級に掘り込んで、私はフリーで滑りたいものです。

Posted by みゆきパパ at 2011年03月08日 23:33
YO君、上手くなったね〜。
今度一緒に滑るのが楽しみ〜。
後半はちょっとスピードオーバの気がするけど、
本人が楽しんでいられるならいいかもですね。
Posted by アウタースキー at 2011年03月09日 23:05
みなさん、コメントありがとうございます。

>ぱぱごさんさん
足を前に出すって言ってたのは、プルークターンで内足重視、内倒のやつをさせようとしてたのでした。これで自然に足が揃ってくる子が多いので。ってか、これ以外のパラレル導入の練習を知らなくて(^^;

>ちびさん
ついていくことはできませんが、ターボくんが滑っているのを見に行くことはできる...かな?

>あさこさん
楽しかったようで何よりですね。
来年は一緒に滑りましょう♪

>一止さん
ありがとうございます。そう。確かに去年より後傾になっちゃいました(^^;親の練習のために急斜面チャレンジさせすぎたせいかも...?ストックも購入してやってみます。

>タッチャンさん
そう、眉毛。時代劇で生かせそうなんですが、やはり太秦は遠すぎて...

>みゆきパパさん
ごぶさたです。来年どこかでご一緒できるといいですね〜

>アウターさん
やはりスピードオーバーですかね。
上半身が好きなことしながらなのでゆとりありそうに見えたのですが...
最後に爆発したのは、重い春雪に足をとられたようです。
Posted by 野うさぎ at 2011年03月13日 20:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/189485195
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。